HOME>オススメ情報>夏用と冬用のタイヤの役割を知ろう【タイヤの基礎知識】

夏用と冬用のタイヤの役割を知ろう【タイヤの基礎知識】

女の人

季節によって道の状態は変わってくる

タイヤは大きく分けて夏用と冬用があります。夏タイヤに関しては季節のうち大半を装着しているため、溝がしっかりと残っていることが大切です。溝がないとブレーキ性能が低下することになり、とても危険です。それに加えて、秋から冬にかけては路面状態が悪化するため、走行するにあたって細心の注意が必要です。そして、気温が下がり凍結するようになったら冬用に変える必要があります。ちなみ、冬用は雪道や凍結しているところでは有効的ですが、濡れている道ではスリップすることもあることも知っておくことが大切です。そのため、先の天気を予測することと、しっかりと路面状況をみて交換しておくことがポイントです。最近は、年中使えるタイヤがありいろいろな路面状況に対応ができるため、そちらを利用するという方法もあります。

タイヤと作業員

夏用もしっかり選べばハイドロプレーニング現象を防げる

夏用は冬用に比べて溝が少ない分、車体ごと浮いてしまい水たまりではハイドロプレーニング現象が発生しやすくなります。ハイドロプレーニング現象はブレーキはもちろんのことハンドルも操作が効かなくなります。そして、排水性が高いタイヤを選ぶことによって防ぐことができます。ハイドロプレーニング現象が発生する要因として、排水が追い付かず溝に水が残ってしまうことによって発生します。そこで、溝が工夫されるタイヤを選ぶことによって排水性をアップさせ路面に密着させることができます。それに加えて、タイヤの空気圧も適正に調整しておくことで、ベストな状態に保つことができます。特に、雨が降っている日は空気圧のチェックをすることが対策として有効です。